COLUMN

PR戦略チームに必要な人員とは?

PR戦略チームに必要な人員とは?

突然ですが、御社にはPR専門の部署はありますか。一口にPRといっても、採用、社外広報、社内広報、プロモーション、イベントなど、さまざまな業務があります。こうした業務に対応するには、プランナーとクリエイターの大きく2種類の人材が必要です。ですが、実際にそこに求められるスキルは多岐にわたります。そこで今回は、PRするためにはどんなスキルが求められるのか、解説します。

プランナー・マーケター

まずは企画立案で活躍するプランナー・マーケターです。会社の規模にもよりますが、1人で担えるプロジェクト数は、2~5件ほどが理想的。1人で全てのスキルをカバーするのはかなり大変です。またここで紹介したいプランナー・マーケターは、一般的な語句とは多少意味合いが異なります。

ではプランナー・マーケターに求められるスキルについて、みていきましょう。

PR戦略を作ることができる

まず大切なのは、PR戦略が作れることです。では「戦略」とは何でしょう。一言で言えば、目的を達成するための方向性です。全体像や目標がわからないまま進めてはさまざまな方策が無駄になってしまいます。とくにPRは効果がはっきりとは表しにくい分野です。

自社のことを理解できている

PRする対象のことをしっかりと把握することは、PRする上でとても大切です。商品やサービスはもちろんのこと、社風や文化、経営的に目指すべき方向性。こうした事柄についてしっかりと共有できていることが求められます。そのために、経営や企画、営業、人事など、社内のあらゆる部門との連携が欠かせません。横断的にやりとりをし、俯瞰的な判断ができることが求められるのです。

市場ニーズを理解している

続いて「誰に・どこに」PRするのか、という視点です。同じ商品やサービスでも受け手によって心に残るPRも、必要な用途も違ってきます。こうしたことを理解することで、より効果的な戦略を打ち出すことができるでしょう。

広告出稿先やその特性を理解している

例えば普段から渋谷にいる方をターゲットとする広告を出すとします。ですが、銀座のビル看板に出してしまっては、ターゲットとPRがずれている、といえるでしょう。こういったように、狙ったところにきちんとPRを打ち出せることが大切です。

加えて、広告を出す先の特性について理解している必要もあります。新聞広告とネットのバナー広告では、取り扱い方や必要な知識が異なります。PRで伝えたい相手と、PRを出す先の特性については、しっかり把握する必要があるのです。

必要なマーケティング戦略を練ることができる

お客様の目に留まり、商品の購入といった目的を達成できなければ、PR戦略としては意味がありません。かっこいい広告やキャッチコピーを作ることが広告のゴールではありません。目的を達成するためには、有効なクリエイティビティを作り出し、そこに効果的なマーケティング戦略を練ることが大切です。

社内外のスタッフに具体的な指示出しができる

PR戦略で大切なのはチームワークです。先程も述べたように、社内外の必要な部門との連携が必要です。必要な情報を集め、的確な指示出しのできる、いわゆる橋渡しのような役割を担います。そうしたコミュニケーションがしっかりとできることが大切です。

クリエイター

プランナー・マーケターが作った企画に対して、実際にものを作るのがクリエイターです。この分野においては、1人で多数のスキルをカバーしていることは希です。例えばデザイナーであれば、デザインのなかにも得意・苦手があります。プロジェクトごとにスキルを適切にアサインすることも重要といえます。

デザイナー

ビジュアルはPRをにとって大切な要素です。デザインと言っても、紙面を扱うグラフィックデザインと、Webサイトなどを扱うWebデザイナーとでは、求められるスキルが異なってきます。パンフレットやチラシ、ポスターなどであればグラフィック。ウェブサイトやランディングページのデザインであれば、ウェブデザインのスキルがそれぞれ必要です。

プログラマー

さまざまな分野でデジタル化が進むいま、ウェブでの発信はその重要度が増しています。そうした現代においてインターネットで情報発信をしない会社はないと思います。ウェブ周りの発信で必要になってくるのがプログラマーです。コーディングなどを行い、ウェブサイトやランディングページなどの構築を行います。

アナリスト

アナリストは、データ解析をして分析ができる人材です。とくにデジタルマーケティングでは、データ分析の重要度が高くなっています。年々欠かすことのできない存在になりつつあるといえます。

ライター

PRにとって言葉の力はとても重要です。企画段階から関わることのできるライターがいることで、より明確なコピーを作ることができます。またホームページの文面から、資料の作成など、幅広い領域を求められることも特徴です。

多彩なスキルの確保は難しい

ここまでPR戦略チームに必要な人材・スキルについてご紹介してきました。これだけのスキルを自社で採用し、教育していくことはとても難しいといえます。そこでおすすめしたいのが、PRのアウトソーシングです。

オキーフではこれらのことができるスタッフが、ワンチームで御社のPRをさせていただきます。企画の立案から実際の広告やウェブサイトの作成まで一貫して行うことができるのも、私たちの強みです。興味をお持ちいただけましたら、ぜひ一度お問い合わせいただけたらと思います。

CONTACT